不妊症とは?不妊になりやすい特徴は〇〇⁉

「不妊症ってどういう状態?」

「なかなか子供ができない…」

「不妊になりやすい特徴は何?」

あなたはこのように思われたことがあるのではないでしょうか?

今回は不妊症とは一体何なのか?その原因は?不妊になりやすい特徴は何か?

についてお話していきますね。

不妊症とは一体何なのか?

基本的には性生活を送っていて1年以上妊娠しない状態で、医師の治療を受ける方を不妊症と呼んでいます。

妊娠するまでは、排卵➔排精➔受精➔着床という4つをきちんとたどって成立します。この過程のどこかに異常があっても不妊症になります。

一般的には、避妊をせずに通常の夫婦の性生活を送っていれば、結婚して半年で7割、1年で9割、2年で10割が妊娠するとされています。

不妊症の原因統計では、不妊症の原因は40%が女性、25%が女性男性ともにあり、25%が男性側、10%が原因不明となっています。

不妊症の原因は、多くの因子が重複していたり、検査をしても、どこにも異常がない原因不明のものもあります。
ここでは、女性、男性それぞれで認められる不妊症の原因をご紹介します。

なぜ不妊症になるのか?

不妊症といっても、原因はさまざまあります。
不妊症の原因は女性側、男性側の片方、あるいはその両方の原因に分けられます。女性、男性それぞれで認められる不妊症の原因をご紹介します。

女性側の原因

排卵障害(はいらんしょうがい)

不妊症の原因に排卵障害があります。これは、自力で排卵が起こらないことです。

卵子はホルモンの指令によって成長していくのですが、ホルモンの分泌量が少ない場合や、卵巣がうまく指令を受け取れないことによって卵子が育たなくなるため、排卵が起こりにくい状態になります。

排卵障害の原因

卵子の老化によってうまく排卵されなかったり、卵巣の表皮が硬くて卵子が外へ出られない病気によって排卵障害が起こることもあります。

その排卵が起こらない原因にはいくつかあります。

  • 精神・肉体的ストレス
  • 飲酒・喫煙
  • ダイエット
  • 血行不良
  • 体の冷え など

排卵しているかどうかは、日頃の基礎体温を記録することで確認できます。

 

卵管の障害(らんかんのしょうがい)

不妊症の原因に卵管障害があります。卵巣と子宮をつなぐパイプの役割をしている卵管は細いので詰まったり、くっついたり、狭くなって精子や卵子、受精卵などが通れなくなった状態を卵管障害といいます。
しかし、卵管は左右合わせて2本あるので、どちらか1本が正常であれば自然妊娠することができます。

卵管障害の原因

  • クラミジア感染症

卵管障害の原因で一番多いのが、クラミジア感染症になります。

クラミジア感染症とは、性感染症の一種であり、感染したとしたまま放っておくと、慢性感染の状態になり、子宮頸管炎、子宮内膜炎、卵管炎などをを引き起こし、不妊症の原因になってしまう。

 

  • 子宮内膜症

子宮内膜症は、子宮の内側にしか存在しない子宮内膜組織が、卵巣や卵管など増殖、剥離(はくり)を繰り返し痛みを引き起こす病気です。

子宮着床障害(しきゅうちゃくしょうしょうがい)

不妊症の原因に子宮着床障害があります。子宮に何らかの原因がると、着床しにくいことがあります。

着床とは、受精卵が卵管を通り、細胞分裂を繰り返しながら子宮の内膜にくっつくことをいいます。

この子宮に子宮筋腫や子宮線筋症、子宮内膜ポリープなどによる異常があると、着床に適した状態になっていないので、受精卵が子宮内膜に着床できないため、不妊の原因となります。

着床障害の原因

  • 子宮筋腫(精子が卵子に到達するのをふせぐ)
  • 子宮奇形(生まれつき子宮が変形している状態)
  • 子宮内膜症(子宮以外の場所で増殖、はくりを繰り返す)
  • アッシャーマン症候群(子宮内腔が癒着してしまった状態)

などがあります。

子宮頸管障害(しきゅうけいかんしょうがい)

不妊症の原因に子宮頸管障害があります。子宮頸管は子宮の出口になり、子宮と膣をつないでいるパイプのような部分です。

子宮頸部からは精子の動きを助けるための頸管粘液が分泌されます。この粘液が悪い状態だと、精子が卵子のところまで到達できなくなると不妊の原因となります。

子宮頸管障害の原因

  • 子宮の奇形
  • 子宮頸部の炎症

などがあります。

これらの原因によって、子宮頸管の粘液の分泌量が少なくなったり、精子が卵子のところまで到達できなくなると不妊の原因となります。

原因不明不妊

不妊症の原因に原因不明不妊があります。原因不明不妊は不妊期間が1年以上で、明らかな不妊原因を見出せない場合をいいます。

原因不明不妊は全不妊症の約30%を占めるといわれていますが、本当に不妊症の原因がないわけではなく、施設によって検査内容が違うので、大きな差があります。加齢による卵巣予備機能の低下が大きな原因とされています。

実際に「腹腔鏡検査」を含めた精密検査をすれば、原因不明不妊は10%ほど、もしくはそれ未満になると考えられています。

原因不明不妊で考えられる要因はあります。

  • 着床障害
  • 精子の受精障害
  • 卵子の活性化障害
  • 軽度の子宮内膜症
  • 軽度の卵管周囲癒着

などの様々な要因があげられます。

 

 

男性側の原因

一度の射精で精子の数は数億とされているが、そのうちの99%が子宮の前で死滅し、子宮には数十万以下となり、卵子のところまでたどりつけることができるのは数百以下とされています。

男性の不妊症の原因として多いのは、「造精機能障害」「性機能障害」「精路通過障害」の3つです。

次は、男性側の不妊症の原因になるものを紹介していきます。

造精機能障害(ぞうせいきのうしょうがい)

不妊症の原因に造精機能障害があり、男性不妊の原因の約90%が造精機能障害といわれていて、男性不妊のほとんどの原因はこれになります
造精機能障害とは、精子を作る精巣の働きに障害があり、健康な精子を作れない状態のことです。
精子をつくり出す機能自体に問題があり、精子をうまくつくれていません。それによって、精巣や内分泌系(ホルモン分泌等)の異常が障害をひき起こして、不妊症の原因になります。
精子を作れない状態を引き起こしているのは、下記のことが原因となっています。
それらの不妊症の原因を紹介していきます。

無精子症(むせいししょう)

不妊症の原因に無精子症があり、無精子症は精機能障害の中でも重い症状です。その症状は精液中に精子がない状態をいいます。

無精子症には、精子があってもその通路をふさいでいる閉塞性と、精子そのものが作られていない状態の非閉塞性があります。

乏精子症(ぼうせいししょう)

不妊症の原因に乏精子症があり、乏精子症とは精液の中に精子はいるけれど、精子の数が少ないという症状です。

精液検査で、精子の数が1ml中1500万を下回ると乏精子症といいます。自然妊娠するには1ml中4000万以上が望ましいとされています。

精子無力症(せいしむりょくしょう)

不妊症の原因に精子無力症があり、精子無力症とは精子の数は正常にあるけれど、精子が活発に運動していない状態です。

精液検査で前進する精子が50%未満、または、高速で前進する精子が20%未満であると精子無力症と診断されます。その精子の状態により人工授精や顕微授精などの不妊治療を行ないます。

精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)

不妊症の原因に精子静脈瘤があり、精子静脈瘤とは精巣(睾丸)に血液が逆流し、精巣からの静脈の血液が滞り、精巣の静脈血管に瘤(こぶ)のようにふくらむものです。

勃起障害【ED】(ぼっきしょうがい)

不妊症の原因に勃起障害があり、勃起障害とはセックスのとき十分に勃起が起こらない、または勃起しても一定時間続かないことをいいます。

不妊は女性側の問題だけではなく、男性にも原因があるということを知っておく必要がありますね。

性交障害(せいこうしょうがい)

不妊症の原因に性交障害があり、性交障害とは精神的原因などによって、性交ができない状態です。ストレスや病気によって陰茎への血流が少なくなることによって引き起こされることがあります。

精路通過障害(せいろつうかしょうがい)

 不妊症の原因に精路通過障害があり、精子が通る道がが狭かったり、詰まっていることにより、射出された精液に精子がみられないケースです。生まれ持ったものや炎症などによって引き起こすこともあります。

不妊症とセックスレスの関係性

不妊症の要因の一つにセックスレスが関係しています。
セックスレスとは1カ月以上夫婦の間で性交渉がない状態をいいます。現代の特徴としてセックスレスの夫婦は年々増加しています。
性欲には個人差がありますが、男性ホルモンの分泌量は、20代がピークになり、30代から徐々に男性ホルモンの分泌量が減少傾向となっています。
不妊症は結婚してからセックスをしない状況が続いたり、勃起(ぼっき)不全だったりと、色々なトラブルが起きています。
セックスレスになれば、自然に妊娠することが難しくなり、それが不妊症になっていることになります。

不妊になりやすい特徴は?

女性と男性の不妊症になりやすい特徴をお話していきます。

女性の特徴

  • 月経周期の異常

月経の間隔が極端に短い方、長い方、または来ない方は排卵をしていないケースが多くあります。痩せすぎや極端な肥満になるとこのような月経周期の異常を引き起こすことがあります。

もし、あなたがこれに当てはまるのであれば不妊症のリスクが高いので基礎体温を2ヶ月ほどつけて早めに受診しましょう。

  • 月経期間の異常

月経期間で出血が持続する期間は4~7日間が正常範囲になります。 月経の期間が8日以上の方は子宮筋腫などで子宮の内腔の形が変形していることがあり、期間が2日以内の方は月経があっても排卵していないケースがあります。このような症状がある方は不妊症のリスクが高くなると考えられます。

  • 月経時の症状

月経時の痛みが年を重ねていくと同時にどんどん強くなる場合や、性生活の時に以前になかった痛みが出て来た場合などは子宮内膜症の症状の可能性が考えられ、不妊症のリスクが高くなります。

 

男性の特徴

  • 喫煙

喫煙者は、精子の数が少なかったり勃起不全のリスクが高まるなど、悪影響があり不妊症につながるとも言われています。また女性で妊婦の喫煙の場合、低生体重児や流産・早産の確率が高まるとされています。

  • 糖尿病の方

糖尿病で軽度の場合は射精障害や勃起障害と言った性機能障害を引き起こしますが、悪く進行してしまうと精子をつくることが出来にくい状態になり、不妊症を引き起こしてきます。

もし、過去に糖尿病になった方は、泌尿器科や産婦人科で精液検査を受けられるのをお勧めします。

まとめ

いかがでしょうか?

今回は不妊症についてお話させていただきました。

不妊症になるには様々な要因があります。身体的や精神的によって引き起こしていることもあります。

不妊症は決して1人で考えて抱え込まないようにしてくださいね。

 

 

\この記事は私が書きました/

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加