不妊治療はどんなことをするの?

「不妊治療にはどんな治療方法があるのか

「不妊治療に対して不安がある」

あなたは不妊の治療についてこのように感じてはいませんか?最近このような悩みを持つ夫婦が増えてきています。

一般的には性生活を送っていて1年以上妊娠しない状態で、医師の治療を受ける方を不妊症と呼んでいます。性生活を送っていると、1年で80%、2年で90%の確率で赤ちゃんを授かるとされていて、残りの10%が不妊症と考えられます。

不妊症の原因は、検査をしても異常がない原因不明のものもあります。
ここでは、女性、男性それぞれで認められる不妊の原因と不妊治療についてご紹介します。

不妊症とは

避妊をせず、夫婦の性生活を送っていれば、結婚して半年で7割1年で9割2年で10割が妊娠するといわれています。

一般的には、避妊をしていないのにも関わらず、1年以上たっても子供ができない場合を「不妊症といいます。

不妊症は病気のイメージを持っている方もいますが、不妊症は病気ではありません。

不妊症は治療することで妊娠する可能性が上がります。

治療の方法の前に不妊症の原因をみていきましょう。

不妊症の原因

不妊症といっても、不妊の原因はさまざまです。
不妊の原因は女性側、男性側の片方、あるいはその両方の原因に分けられます。

女性、男性それぞれで認められる不妊の原因をご紹介します。

女性側の原因

排卵障害

不妊の原因で排卵障害があり、障害とは自力で排卵が起こらないことです。

排卵がなければ卵子が育たないので、妊娠になることはありませんそのため、不妊の原因になります。

排卵障害の原因

  • 精神・肉体的ストレス
  • 飲酒・喫煙
  • ダイエット
  • 血行不良
  • 体の冷え など

 

卵管の障害

不妊の原因で卵管の障害があります。卵巣と子宮をつなぐパイプの役割をしている卵管は細いので詰まったり、くっついたり、狭くなって精子や卵子、受精卵などが通れなくなると、卵子と精子が出会えなくなることや、受精卵が動きづらくなったりすることで、不妊の原因になってきます。
しかし、卵管は左右合わせて2本あるので、どちらか1本が正常であれば自然妊娠することができます。

卵管障害の原因

  • クラミジア感染症
  • 子宮内膜症

 

子宮着床障害

不妊の原因で子宮着床障害があり、子宮に子宮筋腫や子宮線筋症、子宮内膜ポリープなどによる異常があると、着床に適した状態になっていないので、受精卵が子宮内膜に着床できないため、不妊の原因となります。

着床障害の原因

  • 子宮筋腫(精子が卵子に到達するのをふせぐ)
  • 子宮奇形(生まれつき子宮が変形している状態)
  • 子宮内膜症(子宮以外の場所で増殖、はくりを繰り返す)
  • アッシャーマン症候群(子宮内腔が癒着してしまった状態)

 

子宮頸管障害

不妊の原因で子宮頸管障害があり、子宮頸管は子宮の出口になり、子宮と膣をつないでいるパイプのような部分です。

子宮頸部からは精子の動きを助けるための頸管粘液が分泌されます。この粘液が悪い状態だと、精子が卵子のところまで到達できなくなると不妊の原因となります。

子宮頸管障害の原因

  • 子宮の奇形
  • 子宮頸部の炎症

これらの原因によって、子宮頸管の粘液の分泌量が少なくなったり、精子が卵子のところまで到達できなくなると不妊の原因となります。

原因不明不妊

不妊の原因である原因不明不妊は不妊期間が1年以上で、明らかな不妊原因を見出せない場合をいいます。

原因不明不妊で考えられる要因はあります。

  • 着床障害
  • 精子の受精障害
  • 卵子の活性化障害
  • 軽度の子宮内膜症
  • 軽度の卵管周囲癒着

などの様々な要因があげられます。

 

男性側の原因

男性不妊の原因の約90%が造精機能障害といわれていて、男性不妊のほとんどの原因はこれになります
造精機能障害とは、精子を作る精巣の働きに障害があり、健康な精子を作れない状態のことです。
精子をつくり出す機能自体に問題があり、精子をうまくつくれていません。それによって、精巣や内分泌系(ホルモン分泌等)の異常が障害をひき起こしてきます。
これらの不妊を引き起こす原因を紹介していきます。

無精子症

造無精子症は精機能障害の中でも重い症状です。

その症状は精液中に精子がない状態をいいます。

乏精子症

精液の中に精子はいるけれど、精子の数が少ないという症状です。

精液検査で、精子の数が1ml中1500万を下回ると乏精子症といいます。自然妊娠するには1ml中4000万以上が望ましいとされています。

精子無力症

精子の数は正常にあるけれど、精子が活発に運動していない状態です。

精液検査で前進する精子が50%未満、または、高速で前進する精子が20%未満であると精子無力症と診断されます。

精索静脈瘤

精巣(睾丸)に血液が逆流し、精巣からの静脈の血液が滞り、精巣の静脈血管に瘤(こぶ)のようにふくらむものです。

勃起障害(ED)

セックスのとき十分に勃起が起こらない、または勃起しても一定時間続かないことをいいます。

不妊治療法と費用について

不妊症の治療は、主にタイミング法人工授精体外受精顕微受精の4つの治療の方法が行われます。

これら4つの代表的な治療の方法と費用について紹介させていただきます。

タイミング法

タイミング法は一般的に最初に用いられる治療方法になります。

検査結果をもとに医師が排卵日を推測し、妊娠しやすい日について指導を受けながら排卵日を予測し、それに合わせて夫婦での性生活を行うことで妊娠を目指す治療の方法です。

タイミング法をより成功へと導くためのポイントをご紹介していきます。

  • 精子と卵子の出会いやすい期間

排卵の4日前になると妊娠の可能性が高まることで、排卵2日前から排卵日前日の期間が妊娠しやすいため、排卵日の2日前に性生活を行い、この排卵期間にうまくタイミングを取るようにしましょう。

また、人によって、基礎体温や、子宮頸管粘液の状態、卵胞の大きさ、ホルモンの分泌状態など検査結果によって異なるため医師のもと行い、排卵日を予測して確率を高めましょう。

費用

タイミング法の費用は保険が適用内から適用外まであり、検査の内容などによっても異なりますが1回につき数千円~2万円程度になります。

人工授精

精液の中から活発に運動している精子を、排卵のタイミングをみて男性の精液を女性の子宮内に注入する治療の方法を人工授精といいます。

人工授精は、精子が子宮に入ることを手助けするというものになるので、男性側に特に不妊の原因がなく、精子自体に問題がない場合には、人工授精の意味がありません。

人工授精は、次のような方が対象となります。

  • 精子に不妊の原因があるケース
  • 性生活を排卵日に行ってもなかなか妊娠しないケース

費用

人工授精の治療の費用は保険適用外となるため、全額自己負担となります。

病院や施設によって治療の金額が異なることがあり、検査内容や薬の種類によって費用は変わるため、事前に費用を確認しておくようにしましょう。

だいたい1回あたり1万円~3万円程度になります。この費用とは別に、検査費用や排卵誘発剤などの費用が追加されます。

数十万円ほどかかる高度生殖医療と比べても、不妊治療の中では、お手軽な金額になります。
よく体外受精と混同されることがありますが、体外受精とは全く違う治療の方法になります。

体外受精より妊娠する確率は下がりますが、からだへの負担や経済的負担を考えると人工授精の方が負担は少ないため回数を重ねることができるのがメリットになります。

体外受精

体外受精とは、体の外で精子と卵子を受精させ、受精卵を子宮内に戻す治療の方法です。

体外受精を成功させるカギになるのは、質の高い卵子をどれだけ多く採取できるかが最も重要になってきます。

体外受精は、次のような方が対象となります。

  • 精子に不妊症の原因があるケース
  • 人工授精を行っても妊娠しなかったケース
  • 卵管の閉塞に原因があるケース

上記のようにタイミング法や人工受精を行っても妊娠ができず、受精が難しい場合に体外受精を行います。

費用

体外受精は保険適用ではなく、自費診療となるため、治療の費用はすべて自分の負担になります。

日本での平均費用は20~60万円程度になります。

また、国の特定不妊治療助成事業の公的補助を受けることができるので事前に確認しておきましょう。

顕微授精

顕微授精は、体外受精と同じように体外で受精を行いますが、受精の方法に違いがあります。

体外受精は、精子が自力で卵子に侵入し受精をしますが、顕微授精はガラス管等を使って精子を卵子に直接注入させ受精させます
体外受精と比べて顕微授精は、より人工的に人の手を介した受精方法となっています。

受精が成功すれば後は体外受精と同じ流れで行っていきます。

人工受精や体外受精でも妊娠が難しいと判断された場合は最終判断として顕微受精の適応を検討することとなります。

顕微授精は、次のような方が対象となります。

  • 精子が活発に運動していないケース
  • 体外受精をしても授精しない・しにくいケース

費用

顕微受精も保険適用ではなく、自費診療となります。

治療の方法はさまざまで、金額もその時により変わりますが、顕微授精にかかる費用は、おおまかに言うと40~60万円ほどになります。

さらに、受精卵を凍結する場合は平均で5~10万円ほどの費用がかかります。

もしも、途中で受精卵ができなくて治療を中止した場合もそれまでにかかった費用は負担しないといけません。

顕微授精の費用で100万以上かかったという人もおられます。

1個の卵子に対して1個の精子を注入しますので、妊娠率を上げるために、顕微鏡下で受精を繰り返し行うので、その回数の分だけ費用は高くなります。

【不妊治療の助成金】治療前に知っておこう!

特定不妊治療費助成金はどのくらいなのでしょうか?
支援の対象になる治療法は特定不妊治療の体外受精顕微授精になります。
特定不妊治療費助成金の金額は、初回のみ30万円2回目以降は1回につき15万円の支給になり、通算5年支給されます。

特定不妊治療費助成金が受けられる条件は次のとおりです。

  • 妊娠の見込みがないと医師に診断された法律上の夫婦
  • 世帯(夫婦)合算の所得限度額730万円以下の男女
  •  治療期間の初日における妻の年齢が40歳未満で通算6回
  • 40歳~43歳未満では通算3回まで
  • 指定医療機関での治療

上記の条件を満たしていれば助成金を受け取る事が可能です。

申請期間には締め切りがあるので、注意しましょう!

必要になる書類は次のようになります。

  • 住民票(3ヶ月以内のもの)
  • 戸籍謄本(3ヶ月以内のもの)
  • 夫婦それぞれの前年の所得を証明する書類
  • 特定不妊治療費助成申請書
  • 指定医療機関発行の領収書(保険適用外診療分)
  • 特定不妊治療費助成事業受診等証明書(病院が発行)

上記のように国や地方自治体からの不妊の治療費で助成金制度もあり、不妊治療の治療で費用を抑えられるケースがあるので上手に活用しましょう。

\この記事は私が書きました/

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加