産後の骨盤矯正はいつからいつまで!?

「産後の骨盤矯正に期限があるの?」

「いつまでにすればいいの?」

あなたはこのように思われたことはありませんか?

今回は産後の骨盤矯正について書いていきます。産後の骨盤矯正はいつからいつまでにした方がいいのか?について説明していきます。

現在お腹に赤ちゃんがいる方、出産後のママは是非参考にしてみてください。

産後の骨盤はどんな状態?

産後の骨盤の状態は想像以上に大きな負担がかかっています。骨盤矯正はいつからいつまでにするべきなのか説明の前に産後の骨盤はどんな状態なのか知っておきましょう。

お腹に赤ちゃんがいるときは、骨盤内を広げるためにリラキシンというホルモンの働きによって体の靭帯がゆるみます。

しかし、出産後は靭帯をゆるめる必要がなくなるので、ゆるくなった靭帯を数ヶ月かけて戻ろうとするホルモンのオキシトシンが働きはじめます。

オキシトシンによって、骨盤が出産前の元の状態に戻っていきますが、元に戻りにくい人もおられます。

産後の骨盤矯正はいつからいつまでにした方がいいのか?について説明していきます。

産後骨盤矯正はいつから?いつまで?

産後の骨盤矯正を開始する時期は、正常分娩の場合は産後1ヶ月~が目安になり、帝王切開の場合は産後2ヶ月~が目安になります。

産後の骨盤は産後6ヶ月以内に骨盤を締めることがポイントです。早期に締めることにより、身体は産前の状態に戻りやすくなります。

産後の骨盤が締まることによって、出産の疲労、子育ての疲労が楽になります。

産後1ヶ月~産後の骨盤矯正をする場合は出産後の疲れが残っていることが多い時期でもあります。無理をしてしまうと体調を崩すことにもつながってくるので、焦らずスタートしないようにするのが重要です。

帝王切開の産後骨盤矯正は?

帝王切開の場合でも、骨盤周りの靭帯を緩ませるホルモンのリラキシンに働きによって、骨盤の緩くなった状態になります。
よって、出産後は身体をよく休めることを優先し、体の回復を待ってから骨盤矯正をするのがベストになります。

体の回復は個人差があるので、自分で判断しないようにして産後の骨盤矯正をしていきましょう。

 では、骨盤が開いたままになるとどうなるのか?をみていきましょう。

骨盤が開いたままになると?

骨盤が開くことで身体にどのような影響があるのか。

姿勢が崩れてしまう

骨盤が開くと、骨盤のバランスが崩れていきます。骨盤のバランスが崩れると立ち姿勢や歩き方の姿勢の歪みに大きな影響を与えます。

姿勢が崩れると、バランスが悪くなり、立ち姿勢や歩き方の姿勢が崩れてしまうので、猫背やO脚、外反母趾などを引き起こす要因にもなります。

筋力低下

姿勢が崩れると、普段負担がかからない筋肉に負荷がかかり、使わなくても良い筋肉が低下してしまったりバランスが悪くなります。

妊娠中はお腹が大きくなり、お腹の重みで前傾姿勢になると骨盤周りの筋力バランスが乱れた状態になり、筋力の左右差や筋力低下につながってきます。

血流が悪くなる

足のほうに流れる血液は骨盤の中を通って流れています。足に流れていく血管は人の体の中で一番太い血管になります。

骨盤が開いてしまうことで内臓が下がり、内臓が下がることで血管が圧迫されて、血液の流れが悪くなっていきます。

新陳代謝が低下する

出産後、骨盤が開いたままになると内臓の動きが弱くなると、新陳代謝が低下します。

それが低下すると、水分や血液の循環が悪くなります。それにより冷えやむくみを引き起こしやすくなります。

内臓の位置が下がる

お腹に赤ちゃんがいることで本来骨盤の内側にある内臓が上に押し上げられます。

お腹の赤ちゃんを出産すると押し上げられていた内臓が下がります。内臓の位置が下がることによって内臓を圧迫してしまい内臓の機能が低下してきます。

それにより、内臓の働きが悪くなり、消化機能の低下、便秘などを引き起こすことがあります。

太りやすくなる

産後に太りやすくなるのにも血流の悪さと関係してきます。

血流が悪くなると老廃物がスムーズに流れなくなり、太りやすくなります

血行が悪くなることによって筋肉が硬くなってしまいます。硬くなった筋肉は血流が悪いので脂肪を燃焼してくれません。筋肉が硬くなり筋力バランスの乱れを引き起こし筋力低下になると代謝も悪くなるので太りやすい状態になります。

自律神経の乱れ

人間の身体には自律神経という神経があり、交感神経(興奮、緊張状態)と副交感神経(抑制、リラックス状態)とが入れ替わりシーソーのようにバランスをとりあっています

骨盤はその自律神経の切り替わりに大きな影響を与えます。

この切り替わりが上手く切り替えれなくなってしまうと、体や脳を休めたくても、休まりにくくなったり、疲労、ストレスが溜まりやすくなります。

まとめ

いかがでしょうか?

産後の骨盤矯正は産後6ヶ月頃までに骨盤矯正を行うことをオススメします。

この時期を過ぎてくると、骨盤周りの靭帯が固くなってくるので、骨盤矯正の効果を感じるには時間がかかってきます。

出産後の1ヶ月は安静にして、体の回復とともに産後の骨盤矯正をすることで、効果が感じやすいということになります。

\この記事は私が書きました/

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加