体外受精とは何をするの?

「体外受精」というのを聞いた事があるのではないでしょうか?

体外受精を行って子供を授かった人もたくさんいます。

そんな体外受精とは何をどんなことをすることなのだろうか?

今回は体外受精についてご紹介をしていきます。

体外受精のお話の前に、まず不妊症についての基礎からお伝えしていきますね。

不妊症とは一体何?

基本的には性生活を送っていて1年以上妊娠しない状態で、医師の治療を受ける方を不妊症と呼んでいます。

妊娠するまでは、排卵排精受精着床という4つをきちんとたどって成立します。この過程のどこかに異常があっても不妊症になります。

一般的には、避妊をせずに通常の夫婦の性生活を送っていれば、結婚して半年で7割、1年で9割、2年で10割が妊娠するとされています

不妊症の原因統計では、不妊症の原因は40%が女性25%が女性男性ともにあり、25%が男性側、10%が原因不明となっています。

不妊症の原因は、多くの因子が重複していたり、検査をしても、どこにも異常がない原因不明のものもあります。
ここでは、女性、男性それぞれで認められる不妊の原因をご紹介します。

不妊症の原因

不妊症といっても、原因はさまざまです。
不妊症の原因は女性側、男性側の片方、あるいはその両方の原因に分けられます。

体外受精のお話の前に、まずは自分自身の身体と向き合えるように女性、男性それぞれで見られる不妊の原因をご紹介します。

女性側の原因

排卵障害

排卵障害とは自力で排卵が起こらないことです。

排卵がなければ卵子が育たないので、妊娠になることはありません

排卵障害の原因

  • 精神・肉体的ストレス
  • 飲酒・喫煙
  • ダイエット
  • 血行不良
  • 体の冷え など

卵管の障害

卵巣と子宮をつなぐパイプの役割をしている卵管は細いので詰まったり、くっついたり、狭くなって精子や卵子、受精卵などが通れなくなると、卵子と精子が出会えなくなることや、受精卵が動きづらくなったりすることで、不妊の原因になってきます。
しかし、卵管は左右合わせて2本あるので、どちらか1本が正常であれば自然妊娠することができます。

卵管障害の原因

  • クラミジア感染症
  • 子宮内膜症

子宮着床障害

子宮に子宮筋腫や子宮線筋症、子宮内膜ポリープなどによる異常があると、着床に適した状態になっていないので、受精卵が子宮内膜に着床できないため、不妊の原因となります。

着床障害の原因

  • 子宮筋腫(精子が卵子に到達するのをふせぐ)
  • 子宮奇形(生まれつき子宮が変形している状態)
  • 子宮内膜症(子宮以外の場所で増殖、はくりを繰り返す)
  • アッシャーマン症候群(子宮内腔が癒着してしまった状態)

子宮頸管障害

子宮頸管は子宮の出口になり、子宮と膣をつないでいるパイプのような部分です。

子宮頸部からは精子の動きを助けるための頸管粘液が分泌されます。この粘液が悪い状態だと、精子が卵子のところまで到達できなくなると不妊の原因となります。

子宮頸管障害の原因

  • 子宮の奇形
  • 子宮頸部の炎症

これらの原因によって、子宮頸管の粘液の分泌量が少なくなったり、精子が卵子のところまで到達できなくなると不妊の原因となります。

原因不明不妊

原因不明不妊は不妊期間が1年以上で、明らかな不妊原因を見出せない場合をいいます。

原因不明不妊で考えられる要因はあります。

  • 着床障害
  • 精子の受精障害
  • 卵子の活性化障害
  • 軽度の子宮内膜症
  • 軽度の卵管周囲癒着

などの様々な要因があげられます。

男性側の原因

男性不妊の原因の約90%が造精機能障害といわれていて、男性不妊のほとんどの原因はこれになります
造精機能障害とは、精子を作る精巣の働きに障害があり、健康な精子を作れない状態のことです。
精子をつくり出す機能自体に問題があり、精子をうまくつくれていません。それによって、精巣や内分泌系(ホルモン分泌等)の異常が障害をひき起こしてきます。
これらの原因を紹介していきます。
  • 無精子症

造無精子症は精機能障害の中でも重い症状です。

その症状は精液中に精子がない状態をいいます。

  • 乏精子症

精液の中に精子はいるけれど、精子の数が少ないという症状です。

精液検査で、精子の数が1ml中1500万を下回ると乏精子症といいます。自然妊娠するには1ml中4000万以上が望ましいとされています。

  • 精子無力症

精子無力症精子の数は正常だが、精子が活発に運動していない状態です。

精液検査で前進する精子が50%未満、または、高速で前進する精子が20%未満であると精子無力症と診断されます。

  • 精索静脈瘤

精巣(睾丸)に血液が逆流し、精巣からの静脈の血液が滞り、精巣の静脈血管に瘤(こぶ)のようにふくらむものです。

  • 勃起障害(ED)

セックスのとき十分に勃起が起こらない、または勃起しても一定時間続かないことをいいます。

体外受精とその費用について

体外受精とは

体外受精とは、体の外で精子と卵子を受精させ、受精卵を子宮内に戻す方法です。

体外受精を成功させるカギになるのは、質の高い卵子をどれだけ多く採取できるかが最も重要になってきます。

体外受精は取り出した卵子に精子をふりかけて、精子が自力で卵子に侵入して受精させる方法です。 受精した受精卵は、一定期間培養したあとに、卵子に戻します。体外受精は1つの卵子に対して10~20万個の運動率の高い精子が必要になります。

ちなみに、体外受精は正常の精液所見では精子濃度は1ml中に1500万個以上必要です。

タイミング療法や人工受精では、体内で精子と卵子が受精しているかどうかは分かりません。一体外受精では、受精させた上で子宮に戻すので、その後は受精卵が子宮内膜に着床すれば体外受精が成功し妊娠となります。

体外受精は、次のような方が対象となります。

  • 体外受精は、精子に不妊症の原因があるケース
  • 体外受精は、人工授精を行っても妊娠しなかったケース
  • 体外受精は、卵管の閉塞に原因があるケース

上記のように体外受精はタイミング法や人工受精を行っても妊娠ができず、受精が難しい場合に体外受精を行います。

体外受精の流れ

体外受精を行うにあたって成功への道は、質の高い卵子をいかに多く採取できるかが最も重要になります。

体外受精に使用される排卵誘発剤は、卵胞の成熟と排卵を誘発する働きのある薬で、質の良い成熟した卵子を採取するために採卵に先駆けて投与され体外受精に使用します。

体外受精は卵胞が十分に成熟し、18㎜以上の卵胞が2個以上になったら採卵日が決まります。

採卵の前々日の夜に、排卵を促す注射を打ちます。それを打つことで排卵が促進され36時間後に排卵となります。その直前に成熟した卵子を採卵し体外受精します。

男性が体外受精する場合に行うことは、採取した精子を洗浄・濃縮して残った精子のうち活発に運動している精子を体外受精に使用します。

体外受精ですが、受精は卵子と精子が持っている自然の力に任せます。精子が自力で卵子に侵入し体外受精するのを待ちます。

受精卵を培養して子宮に移植することです。

受精後2~3日目になると「初期胚と呼ばれます。受精後2日目で4分裂以上、または3日目で6分裂以上になった初期胚を子宮内に移植することを初期胚移植と言います。

胚移植から子宮で着床するまでの期間は、だいたい3~5日だといわれていまが、胚移植後の妊娠検査では一般的に移植後12~14日、胚盤胞移植では5~11日目に行います。

費用

体外受精は保険適用ではなく、自費診療となるため、費用はすべて自分の負担になります。

体外受精の日本での平均費用は20~60万円程度になります。

また、国の特定不妊治療助成事業の公的補助を受けることができるので体外受精ご希望の方は事前に確認しておきましょう。

\この記事は私が書きました/

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加