産後の腰痛~寝方について~

「産後の腰痛で眠れない…」

「腰痛にならない寝方を知りたい!」

あなたはこのように思われたことはありませんか?

産後のママの身体は大きな負担がかかった状態が続いています。

寝る時も産後の腰痛で寝れない産後ママは多いです。産後の腰痛でお悩みのママのための寝方についてまとめているので是非参考にしてみてください。

産後の体の状態を知って、腰痛になっている原因も知っておきましょう。

産後の体の状態は?

出産はママの体にとっても大きな負担がかかってきます。一番大きな負担がかかる部位が骨盤です。

出産になると骨盤は大きく広がり、骨格に変化が起きます。

骨格の変化により、産後の腰痛を引き起こし寝方に悩んでいるママはたくさんいます。

それは、出産後の体に大きな影響による骨格の歪みが関係しています。

産後に無理をすると、そのあとの日常生活にも支障がでてくるケースがあります。

寝る時の姿勢には十分注意して、体を冷やす格好や変な体勢で寝ないようにしましょう。

骨盤が広がったままだと?

骨盤が広がったままだと身体にどのような影響があるのか。

姿勢の崩れ

骨盤が開くと、骨盤のバランスが崩れていきます。骨盤のバランスが崩れると立ち姿勢や歩き方の姿勢の歪みに大きな影響を与えます。立ち姿勢や歩き方の姿勢が崩れることで、猫背やO脚、外反母趾などを引き起こす要因にもなります。

筋力が低下する

姿勢が崩れると、普段負担がかからない筋肉に負荷がかかり、使わなくても良い筋肉が低下してしまったりバランスが悪くなります。

骨盤周りの筋力バランスが乱れることで、筋力の左右差や筋力低下につながってきます。

内臓の位置が下がる

お腹に赤ちゃんがいることで本来骨盤の内側にある内臓が上に押し上げられます。

お腹の赤ちゃんを出産すると押し上げられていた内臓が下がります。内臓の位置が下がることによって内臓を圧迫してしまい内臓の機能が低下してきます。

それにより、内臓の働きが悪くなり、消化機能の低下、便秘などを引き起こすことがあります。

自律神経の乱れ

人間の身体には自律神経という神経があり、交感神経(興奮、緊張状態)と副交感神経(抑制、リラックス状態)とが入れ替わりシーソーのようにバランスをとりあっています

骨盤はその自律神経の切り替わりに大きな影響を与えます。

この切り替わりが上手く切り替えれなくなってしまうと、体や脳を休めたくても、休まりにくくなったり、疲労、ストレスが溜まりやすくなります。

産後におすすめできない寝方

寝る人によってはうつ伏せの状態で寝る方が楽だと言われる場合があります。

しかし、腰痛の症状がある場合はうつ伏せで寝ることで腰を反ってしまい、症状が悪化する危険性もあるためおすすめできない寝方になります。
また、横向きのまま長時間寝ることもおすすめ出来ません。横向きで寝ることで、下になっている骨盤に負担がかかってしまい、骨盤の歪みを引き起こしてしまいます。

その骨盤の歪みによって腰痛を悪化させる原因にもなります。

産後の骨盤に負担をかけない寝方は一体何が良いのかをお伝えしていきます。

産後おすすめの寝方

産後の寝る体勢は寝方を意識しましょう。腰への負担が少ない寝方が仰向けの状態です。

しかし、そのまま仰向けの状態で寝てしまうと、骨盤が反った状態のままになっている場合があり、反り腰の癖があるので腰の下にタオルなどを挟んであげるのをおすすめします。

仰向けの状態で腰に痛みを感じる場合は、仰向けの状態で膝を曲げることをすすめています。仰向けの状態で膝下にクッションなどを入れてあげると自然と膝が曲がってきます。

クッションを入れてあげることで、軽く膝が曲がって腰の反りが小さくなります。

仰向けの状態で膝を曲げると日常生活で負担がかかっている腰への負担が減り痛みが感じにくくなります。

まとめ

いかがでしょうか?

産後の骨盤には大きな影響があるため、寝方は非常に大事になってきます。

仰向けの体勢で寝る事をおすすめしましたが、自分が楽な寝方で寝るのがストレスなく寝れるとおもいます。

今回ご紹介した寝方以外に、試していただき自分に合った寝方をみつけるのも良いと思います。

産後の腰痛は日常生活に大きな影響を与えるので無理だけはしないように育児、家事を行いましょう。

ゆっくり、寝れる時間がある時はご紹介した寝方を一度試してみてくださいね。

\この記事は私が書きました/

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加