もしかして不妊症?検査方法は⁇

「子供がほしいのになかなかできない」

「自分が不妊症なのかを知りたい!」

「不妊症の検査はどんな方法があるのか?」

と思っているあなた。

そんなあなたのために、ここでは不妊の原因と検査の方法についてお伝えしていきますね。

不妊症とは?

基本的には性生活を送っていて1年以上妊娠しない状態で、医師の治療を受ける方を不妊症と呼んでいます。

妊娠するまでは、排卵排精受精着床という4つをきちんとたどって成立します。この過程のどこかに異常があっても不妊症になります。

一般的には、避妊をせずに通常の夫婦の性生活を送っていれば、結婚して半年で7割1年で9割、2年で10割が妊娠するとされています。

不妊症の原因統計では、不妊症の原因は40%が女性25%が女性男性ともにあり、25%が男性側、10%が原因不明となっています。

不妊症の原因は、多くの因子が重複していたり、検査をしても、どこにも異常がない原因不明のものもあります。
ここでは、女性、男性それぞれで認められる不妊の原因をご紹介します。

不妊症の原因とは?

不妊症の基本検査

不妊症の検査方法は下記の6つの方法が基本になります。

6つの検査は一度にできることではなく、女性の生理の周期に合わせて行っていきます。排卵前には子宮卵管造影検査、排卵期にはフーナーテストなどのように、検査はそれぞれの時期に応じて行うので、検査にかかる期間は通常1か月ほどになります。

  • 基礎体温
  • 精子検査
  • 内分泌検査
  • 子宮卵管造影
  • 超音波検査
  • フーナーテスト

上記の6つの検査方法についてお話していきます。

  • 基礎体温

基礎体温の測定は、卵巣の働きを知るためには重要な検査のひとつです。

朝起きた時に体を起こす前に婦人体温計で基礎体温を測定します。測定した基礎体温を基礎体温表に記入しておき、病院に来院するときに持っていきます。

排卵の有無や排卵後の黄体機能をみていきます。普段から基礎体温をつけておくことで確認しやすいでしょう。

  • 精子検査

精子検査は2日~7日程度禁欲をした後に行います。

男性の精液を容器にとって、検査していきます。精子検査は家で採取されるか男性が来院されるかのケースが多く、まれに奥様が来院して持参されることもあります。

精液量、精子濃度、運動率、精子の形態などを調べていきます。採取された精子は、37度に保たれた状態が理想になります。

  • 内分泌検査
血液中の精巣を刺激するホルモン精巣で作られるホルモンを調べる検査です。
妊娠には、さまざまなホルモンが関係しています。それらの分泌量を調べることによって、子宮・卵巣の排卵障害などがわかるので、不妊治療を進めていくことが可能になります。
ホルモンの検査には月経周期ごとに合わせた時期と検査があります。
血液を採血して、血中のホルモン量を調べることができ、卵巣の機能を知ることができます。
黄体ホルモンの検査は、黄体ホルモンの分泌がピークの状態になる排卵1週間後に採血をしていきます。
  • 子宮卵管造影

子宮卵管造影はレントゲンによる透視をしながら、子宮の入り口から造影剤を注入し、子宮の形、大きさ、卵管の通過性、狭窄の有無などを調べる検査になります。

また子宮や卵管に造影剤を入れることによって、卵管の軽い癒着をひろげる効果もあるので妊娠しやすい体が期待されます。

  • 超音波検査

超音波検査は子宮や卵巣の内側の様子を知ることができ、子宮内膜の厚さ、卵胞の発育程度を正しく知るにも重要な検査になります。

  • フーナーテスト

フーナーテストとは、その排卵前の頸管粘液が出ている時期に性行為を行ってもらい、その粘液の中に精子がどのくらいいるか調べるテストです。また、精子がいても元気でなければ卵管までたどり着けないので、動きの状態も検査します。

このフーナーテストは、タイミング法や人工授精が有効かどうかを見極める検査になります。

\この記事は私が書きました/

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加