なぜ、産後の生理がこないの?

「産後に生理がなかなかこない…」

「いつになったら生理がくるの??」

あなたはこのように思われていませんか?

このようなお悩みを抱いているママは多いです。今回のブログは、産後の生理がこない原因について書いています。

生理がこないと不安に思うママも多いと思います。是非参考にしてみてください。

産後の生理はいつから?

出産後の生理が再開するのは個人差があり、確実に生理がいつから始まるということは断定できません。

産後大体8ヶ月になると、7割くらいの産後ママに生理がくるといわれています。

産後に生理がくる早い方は産後2ヶ月くらいで生理がくる場合があり、産後から1年たっても生理がこないという産後ママもいます。

産後に生理がこないからといって不安になったりする必要はありません。なぜ、産後の生理がこないのか?その原因についてご紹介していきます。

産後の生理がこない原因は!?

産後の生理がこない原因はいくつか考えらるので、その原因について説明していきます。

母乳を与えているから

母乳を与え続けていることが、産後の生理がこない原因の一つとされています。

産後に生理がこないのは、「プロラクチン」と呼ばれるホルモンが分泌されることが関係します。

母乳を与え続けていると、女性ホルモンであるプロラクチンが出てきます。プロラクチンが排出されると「妊娠しちゃダメだ!」という働きになってしまうので、生理が産後になってこないケースがあります。

子宮が傷ついているから

出産のとき、子宮内部は赤ちゃんが通ることによって大きな傷がついてしまいます。

そのため、カラダの傷をしっかりと回復するのに、出産後から1ヶ月くらいで子宮が元の状態に戻るといわれています。

ホルモンの不安定

産後はホルモンの不安定が大きくなります。

そのため、ホルモンバランスの乱れにより、生理が再開するまでにはホルモンの不安定がなくなってくることが重要になります。

自分では体調が良いと感じていても、体内のホルモンバランスが不安定の状態であれば、生理がこないケースがあります。

ストレスが原因

出産後の生活が始まり、初めての経験などによってストレスを感じる産後ママは、生理がこないケースがあります。

ストレスによって体のホルモンバランスに大きな影響を与えてしまうことで、産後の体を回復するのを邪魔してしまいます。

ホルモンバランスが乱れた状態のままだと、排卵が起きず生理がこないことにつながってきます。

妊娠しているから

妊娠をしていると、もちろん生理はきません。

出産後に一回も生理が来ていない場合は、最初の生理が来る前で妊娠していれば生理がこないケースもあります。

産後の生理がこない場合の病院に行くタイミングは?

出産後、出産後の生理が再開するのは個人差があり、確実に生理がいつから始まるということは断定できません。

そのため、いつまでに生理がこないといけないというきまりもありません。出産後の育児や家事による疲労が生活リズムを大きく変えてしまうので体のホルモンバランスが崩やすくなってしまいます。

ホルモンバランスが崩れることで生理の再開が遅れている場合もあります。出産後の生理がこないといってあまり焦らないようにしましょう。

産後1年以上が経過しても生理がこないときは産婦人科の先生に一度相談してみましょう。

産後の生理がこないときの対処法は?

産後の生理がこないときの対処方法についてご紹介していきます。

生活リズムを見直す

規則正しい生活をすることで、ストレスが減って、自律神経も整いやすくなります。

生活のリズムを整え、気持ちを明るく持つように心がけることが大切です。ストレスは趣味などで解消して、ため込まないことが重要です。

生活リズムの乱れは、生理不順を引き起こすので注意しましょう。

睡眠をきちんととることや好きな音楽や、趣味、美味しい食事をして五感を楽しむことでストレスの発散になります。

日常で嫌なことはため込まず愚痴を吐きストレスを発散しましょう。

リラックスのできる空間

 生理不順になりやすい方の多くは強いストレスを感じやすい傾向があります。精神的・肉体的ストレスは体に様々な影響を与えてしまい体にとって大きな負担にもなります。
毎日、少しずつストレスがたまってくるとなかなかストレスを発散する時がないと思います。
そんなときは、ゆっくり深い呼吸をしたり、ガムを噛んでみてください。また、自宅などでは好きなアロマの香りによってリラックス効果があります。
是非一度試してみてくださいね。

\この記事は私が書きました/

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加