二人目不妊の原因とは?

「二人目がなかなか妊娠できない」

「一人目は授かったのに

あなたはこのように思われていませんか?

一人目は授かったのに、二人目でなかなか妊娠できない方は多くみえます。

今回は二人目不妊についてご説明していきます。まず、不妊症とはどういうことなのかお伝えしていきますね。

不妊症とは?

基本的には性生活を送っていて1年以上妊娠しない状態で、医師の治療を受ける方を不妊症と呼んでいます。

一般的には、避妊をせずに通常の夫婦の性生活を送っていれば、結婚して半年で7割、1年で9割、2年で10割が妊娠するとされています。

不妊症の原因は、多くの因子が重複していたり、検査をしても、どこにも異常がない原因不明のものもあります。

不妊症の原因とは?

不妊症の原因統計では、不妊症の原因40%が女性25%が女性男性ともにあり、25%が男性10%が原因不明となっています。
ここでは、女性、男性それぞれで認められる不妊の原因をご紹介します。

女性側が原因

排卵障害

排卵障害とは自力で排卵が起こらないことです。

卵管障害

卵管は卵子の通る道です卵管に詰まりや、癒着、炎症があることで妊娠しにくくなります

子宮障害

受精卵が子宮内膜に着床しにくくなるので、不妊の原因となります

頸管障害

子宮頸部からは精子の動きを助けるための頸管粘液が分泌されます。この粘液が悪い状態だと、精子が卵子のところまで到達できなくなると不妊の原因となります。

免疫障害

免疫異常によって抗精子抗体という抗体が、精子を攻撃してしまうことで不妊の原因になります。

原因不明

原因不明不妊は不妊期間が1年以上で、明らかな不妊原因を見出せない場合をいいます。

原因不明不妊は約10%と言われています。

男性側の原因

乏精子症

精液の中に精子はいるけれど、精子の数が少ない状態です。

無精子症

精液は出るがその中に、精子がいない状態です。

無精液症

精液中に精子がない状態をいいます。

精子無力症

精子の数は正常にあるけれど、精子が活発に運動していない状態です。

精索静脈瘤

精巣(睾丸)に血液が逆流し、精巣からの静脈の血液が滞り、精巣の静脈血管に瘤(こぶ)のようにふくらむものです。

勃起障害(ED)

性交時のとき十分に勃起が起こらない、または勃起しても一定時間続かないことをいいます。

二人目不妊とは?

二人目不妊一人目の赤ちゃんの母乳期間を終えてから、避妊をせずに性生活を2年以上続けていて妊娠できない状態のことをいいます。

一人目が妊娠・出産ができたので、二人目も授かるだろうと思っていて、二人目が妊娠できないことがあります。

その原因についてご紹介していきます。

二人目不妊の原因とは?

二人目不妊の原因としては、年齢的な面が影響しているといわれています

一般的には、35歳を過ぎると高齢出産と言われ、妊娠する確率は下がってしまいます。二人目不妊の原因としていくつかお伝えしていきます。

卵子の質や機能低下

加齢によって、卵子の減少、質や機能の低下が起こるので、年齢は不妊に影響が出ますそして、38歳を過ぎると、卵子の老化がさらに進むので、さらに妊娠できない状態になります。

また、卵子の老化だけでなく、子宮内膜の老化も始まります。それによって、内膜の血流が悪くなり卵子が受精しても、着床せず妊娠しない場合がある。     

性行為の減少

育児や仕事に追われていると、性行為に対して気持ちがついてこない人は多く、性行為の回数が減ってしまうので妊娠するチャンスも激減してしまいます。

このように、二人目不妊で悩んでいる家庭では、セックスレスになっている場合が非常に多いですそれ以外には、パートナーに対しての魅力が感じられなくなってきたといったことがあり性行為の減少の要因になります。

一人目に不妊原因があった場合

一人目のときに子宮の問題や、排卵の問題など、不妊体質である人は一人目は妊娠したとしても、二人目不妊になる可能性があります。

男性側の不妊原因

身体的・精神的ストレスや加齢によって精子の質や機能が低下する場合があります。

女性側の問題だけではなく、男性側にも問題があるケースがあるので、きちんと検査をして精子の状態を病院で調べる事をおすすめします。

ストレスによる原因

一人目を出産後、育児や仕事の復帰、家庭環境などによって、過度のストレスを抱えることがあります。

ストレスが原因で生理不順になることも多いです。生理不順になると、排卵が来ていない可能性があり妊娠しづらくなってしまいますまた、排卵があっても排卵の時期の予測がつきにくいので、子作りのタイミングが合わせられない状況が続き、結果的に妊娠しづらくなってしまいます。

授乳後の影響

母乳をつくるプロラクチンというホルモンは排卵を抑えるために、授乳中は妊娠しにくい状態になります。

母乳以外の栄養摂取が可能になり、断乳して生理が再び始まるとプロラクチンの数値が下がりますが、まれに数値が高いままの状態になる人がいます。

プロラクチンの数値が高い場合は妊娠しにくくなるので治療が必要になります。

帝王切開による子宮内の変化

一人目を帝王切開で出産しているケースや、流産を経験しているケースは、出産時に子宮内感染などが影響することがあり、子宮がもとの状態より変化し、二人目は妊娠しづらくなってしまうことがあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

二人目の不妊は年々増えてきています。体の状態によって原因するものがありますが、体だけでなく周りの環境やストレスによって原因しているものもあります。

二人目の子どもがほしいのに妊娠しない場合は、一度病院へ受診されることをおすすめします。

\この記事は私が書きました/

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加