ツラい 産後うつとは?

「家事・育児をする気が全く起きない」

「赤ちゃんを可愛いと思えない…

「母親失格だと思い自分を責めてしまう」

ということはありませんか?

このように感じたことのある方は産後うつの可能性があります。

今回は、産後うつの原因や症状から治療についてご紹介していきます。

産後うつとは?

産後うつは赤ちゃんを産んだばかりのママに現れる病状です。

何かに対して興味を持ったり喜びを感じないような状態が2週間以上続く状態を「産後うつ」といいます。

出産後の女性の産後うつは10人に1人といわれています

赤ちゃんが産まれた産後1~3週間後に産後うつの症状が現れるのが多いですが、数ヵ月後や1年後に症状が発症するケースもあります

産後の1ヵ月健診では分からない事も非常に多いです。

産後うつの原因

産後うつは自身の抱えている精神的要因環境的要因によって引き起こされます。

それぞれの原因についてお話していきます。

  • 精神的要因

感情的な問題

女性にとって産後による大きな変化が起こる時期になります。様々のことに対して不安になったり、何に対しても興味がなくなり、何をしていても楽しく感じなくなったりと感情をコントロールすることができなくなったりしてきます。

感情的な問題は産後うつを引き起こす要因となります。

育児のストレス

赤ちゃんが誕生すると、嬉しい気持ちになりますが、逆にしっかりと育てていかなければならないと思います。この気持ちがプレッシャーとなってストレスに変わってくるのです。

約10ヵ月の間、お腹の中で赤ちゃんを育てた後、出産します。出産して休む間もなく疲れた身体が回復する前に次は育児がスタートします。

赤ちゃんは朝昼晩と大泣きをしてしまいます。鳴き声はうるさく感じイライラを感じる方が多いです。育児中は抱っこ、授乳、おむつ、寝かしつけなど妊娠中よりも忙しい生活になります。

赤ちゃんを寝かしつけたとしても1~3時間おきに夜泣きをすることが多いです。産後ママはその度に起きて授乳をして、再び赤ちゃんを寝かしつけます。これが毎日続くと寝不足になってしまい眠れないストレスを感じます。

自律神経の乱れ

産後うつは自律神経との関係が深くあります。

人間の身体には自律神経という神経があり、交感神経(興奮、緊張状態)と副交感神経(抑制、リラックス状態)とが入れ替わりシーソーのようにバランスをとりあっています心理的にストレスがかかる状況になると身体にも力が入り緊張状態になります。

これは、自律神経が乱れ交感神経という緊張する神経が副交感神経に比べて優位になっていることになります。この自律神経が乱れることで、産後に関係なくうつ病の原因となるのです

  • 環境的要因

睡眠不足

約10ヵ月の間、お腹の中で赤ちゃんを育てた後、出産します。出産して休む間もなく疲れた身体が回復する前に次は育児がスタートします

夜泣きをしても旦那さんは仕事があるのでママに任せることが多くなります。日中も赤ちゃんが寝ているときに、育児だけでなく洗濯や家事などをしないといけないので、生活リズムが崩れてしまい正しい生活を送るのが難しくなります

生活のリズムが崩れてしまうと十分な食事もとれず、昼寝もできず、慢性的な睡眠不足になってしまいます。

睡眠不足がたまり、体調不良につながり、産後うつの症状をもたらします。

周囲のストレス

旦那さんに育児や家事をお願いしても、普段仕事で疲れているから手伝ってくれないことが産後うつの原因になることがあります。

自分の両親などの育児や家事のサポートがない状態は産後ママにとって大変辛く、ストレスが溜まるのです。

また、周りに話し相手や、ママ友がいない場合だと孤独な育児生活を送ってしまうことが多くなり、さらに不安やストレスを感じてしまいます。

産後うつの兆候とは?

まずはじめに、産後うつの症状が出ているかをチェックしましょう。 産後うつの症状は主に下記になります。

  • 家事・育児にやる気が起こらない
  • 赤ちゃんが可愛いと思えない
  • 自分を責めてしまう
  • 気分の浮き沈みが激しい
  • イライラして叫びたくなる
  • 突然泣いてしまう
  • 食べ過ぎてしまう
  • 死にたいと思うことがある
  • 寝付けないことが多い
  • 集中力がなくなる
  • 何かに対して興味を持つことがなくなる
  • 自分自身や赤ちゃんを傷つけるようなことを考える

産後うつの対処法は?

産後うつの対処法についていくつかご紹介していきます。産後うつの症状がない方でも予防になるので日常で気をつけましょう。是非参考にしてみてください。

カウンセリング

カウンセリングによって産後ママの不安やストレスを緩和することや、それらを取り除くこともできるのがカウンセリングになります。

育児だけでなく、夫婦の相談のことでもサポートしてくれるので産後ママの不安やストレスを少しづつ軽減してくれます。

治療

お医者さんは心理療法や抗うつ薬や抗不安薬、睡眠薬など用いて治療を行います。授乳中の場合は、母乳に影響の出ない薬を処方してもらいましょう。

授乳中の薬の服用に抵抗のある方もいると思いますが、薬に関しては医師からの説明をきちんと受けましょう。

十分な睡眠

赤ちゃんの夜泣きや夜間覚醒は生後6〜8ヶ月がピークになります。産後ママの疲労が、コツコツ蓄積されていくので辛い時期になります。出産後1年間は周囲の人が産後ママをサポートしてあげると負担は減ってきます。

1日数時間でも、ママの疲れた体を休めてあげるように夫婦、両親に協力してもらうようにしましょう。

一人の時間をつくる

ママは一人で頑張り過ぎないことが大事です。

一人の時間をつくるためには、周囲の人に協力してもらい、夫、両親、友人など周りの人に頼りましょう。

一人の時間をつくることで気分転換になります。

気分転換、ストレス発散に運動したり温泉に入りゆっくり落ち着ける場所へ行かれるのも良いでしょう。

まとめ

今回は産後うつについてお話ししました。

産後うつ病は、きちんと対処していくと数ヶ月~1年ほどで症状が良くなることが多いので、一人で抱えて不安になることはありません。

どうしたらいいの?と不安になる方もたくさんおられます。そのときは医療機関に相談することをおすすめします。

\この記事は私が書きました/

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

非公開: 上嶋 健五(うえじま けんご)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加